BCCについて

ご挨拶

greeting-photoがん治療中の患者は就労を自身で解決すべき問題と捉え、自らが診断名や治療方針から将来予測をし、両立の道を探ったり就労を断念したりしている現状があります。

また、職場側の理解も進んでおらず、結果、望まぬ退職や配置換え、これらを恐れての無理な労働で、治療に影響が出るケースもあります。医療現場は、がん患者の心身を支える立場から就労支援をする必要があると考えられます。

具体的には、以下のようなことが求められます。

  1. 医療現場が就労支援をする必要性を示す現状調査を実施すること
  2. 各々の癌腫において病期ごとに推奨される治療別に、身体的、経済的負担を客観的に示し、患者や家族、企業側が就労の判断や労働の設計をする拠り所を示すこと
  3. 職場側にがん全般についての知識を普及をすること

しかしながら、産業医がおり、制度も整っている大企業がある一方で、自身がやり繰りをする自営・零細企業もあります。

我々は、医療職(医師、薬剤師、看護師、MSW)のみならず、企業人事、産業医、社労士、ビジネススクール教員、患者会らの協力を得て、意識や労働実態調査を行い、得られた知見をそれぞれの職種・立場の人々に還元、より良いがん治療と就労の両立を万民のものとすることを目指すものであります。

ロゴマークの虹は、がんの医療現場と職場を結ぶ架け橋を意味し、7色は多数の職種(主治医、看護師、ソーシャルワーカー、社労士、産業医、保健師、患者支援団体など)を表しています。

(チームBCC代表:齊藤光江)

ページのTOPへ